本気で痩せたい人のための肥満外来ナビ

クリニックの肥満外来を徹底調査してみました

食事療法

摂取カロリーや栄養素を指導するクリニックの食事療法について詳しく解説しています。

肥満の食事療法とは

ダイエットとしてもっともポピュラーな方法は、やはり食事をコントロールすること。摂取カロリーやバランスの良い食事は、ダイエットをしたことのある方なら、意識したことがあると思います。 しかし自分だけの知識では、偏った食べ物を食べ続けたり、栄養バランスが悪くなったり、うまく減量の効果が見えず、かえってリバウンドを引き起こす要因にもなりかねません。

病院だからできる食事指導

多くの肥満外来が「食事指導」を行なっています。先生や栄養士などが詳しく問診など診察を行なった結果、一人ひとりに適切な摂取カロリー、栄養素の配分などをアドバイスしていくというのが「食事療法」です。 この方法は、短期間に劇的な減量を目指すのではなく、食事のカロリーや栄養素などの計算し、規則正しく食事することにより、徐々に体重や体型にも変化をもたらす、というものです。

クリニックでは、どんな食事を食べていくかプランを立ててくれますが、毎日きちんと続けられなければ当たり前ですが意味がありません。 指示どおりに食べられるか、食事療法以外の間食などをしていないか、自分の強い意思が大事です。

仕事や家事の忙しい中、毎日バランスの良い食事を作って食べる、このダイエットの基本ともいうべき食事療養を続けられれば、ダイエットはもちろん、健康的な体に改善していくことでしょう。 しかし、この方法のひとつ問題点をあげるとすれば、一度減量が成功してクリニックに通わなくなってしまったとたん、食生活が戻り、リバウンドしてしまったケースもあるようです。ダイエット期間だけでなく、健康的な体をキープするためにも、食事療法のアドバイスは受け続けたほうが良いかもしれません。

食事療法の主な流れ

  1. 先生による問診、カウンセリング、血液などの検査、肥満の測定など
  2. 食事療法の決定
  3. 種類としては、減食療法(1200キロカロリー程度で通常の摂取カロリーよりも少なめ)、低エネルギー食療法(600から1000キロカロリー程度で少し厳しくエネルギー摂取を管理)、超低エネルギー食療法(200~600kcal程度で摂取エネルギーを大幅に制限)など、段階があります。

  4. 食事指導
  5. 適切な摂取カロリーと栄養素配分のアドバイス。病院によって週1回などペースであったり、集団や個人の指導であったり、様々です。

  6. 自宅での指導をもとにした食事
  7. 1日3回、自分の指示された摂取カロリーを守ります。

  8. 体重測定や検査、先生の問診など
  9. この治療が3ヶ月以上続く、長期間のプログラムが多いようです。

食事療法の成功・失敗談

食事療法の成功談と失敗談をそれぞれご紹介します。

食事療法の成功談

食事療法の失敗談

肥満外来を東京で受けるなら

肥満外来に通うおうかと迷っている方には様々理由があります。あなたに合った治療法はもしかしたら薬物療法ではなく運動療法かもしれません。食事療法ではなく薬物療法かもしれません。

東京には様々なクリニックがあり、そのクリニックによって得意としていることが異なります。

クリニック数が多い東京ならではの悩みですが、選択肢が多すぎてわからないですよね。

いずれにせよ、しっかり続けられる事。太らない習慣に変えること。この2点が大切です。当サイトで本当に悩みがある人に向けておすすめのクリニックを複数紹介していますので肥満外来クリニック選びの参考にしてください。

肥満外来を東京で受けるなら!
悩みを解決するおすすめ肥満外来クリニック

東京版!管理人が徹底調査!肥満外来のあるクリニックBEST5 糖尿予備軍が行ってきました 肥満外来クリニックの治療体験レポート
東京版!管理人が徹底調査!肥満外来のあるクリニックBEST5 実録!肥満外来クリニックの治療体験レポ