本気で痩せたい人のための肥満外来ナビ

クリニックの肥満外来を徹底調査してみました

心臓病

肥満とは、単に外観のことを指す言葉ではありません。命にも関わる様々な病気を潜在させているということを、十分に理解しておいてください。ここでは、肥満と心臓病の関係、および心臓病予防のための肥満解消法について解説します。

肥満による心臓病とは

肥満が心臓に負担を与えることは、かねてからよく知られている話。以下、肥満が招く心臓病について具体的に確認してみましょう。

症状の特徴

肥満が原因・遠因となる心臓病には、大きく分けて心不全と冠動脈疾患があります。心不全については別項で詳しくご紹介するので、ここでは冠動脈疾患について詳しく解説します。 冠動脈疾患とは、心筋梗塞と狭心症の総称。心臓の表面を這うように走っている冠動脈という太い血管にて、何らかの理由で血流が阻害される発作です。症状が比較的軽いものを狭心症と言い、症状が重いものを心筋梗塞と言います。 ともに、胸を中心に激しい痛みを自覚しますが、狭心症の場合は数分で痛みが解消。 心筋梗塞の場合は、最悪、失神から急死へと至る可能性があります。

肥満から心臓病に至る原因・メカニズム

健康診断などで肥満と判定された場合、すでに内臓脂肪が蓄積している可能性が高いでしょう。 蓄積された内臓脂肪からは、血栓の生成を促すPAI1という物質が多量に分泌。結果、冠動脈疾患の大きな要因である動脈硬化が徐々に進行するリスクが生じます。 また、そもそも肥満の人は、耐糖能異常や脂質異常症、高血圧症などを有していることが多いわけですが、これらもまた動脈硬化を発症させる大きな要因となります。

肥満による心臓病を予防するには

肥満による心臓病を予防するためには、まさに肥満を解消する以外に方法はありません。心臓病が発症してしまった後も、再発予防のため、医師から肥満解消の指導が入るでしょう。肥満解消の主な方法は以下の3点です。

食事制限

脂肪の原材料となるものは、糖質しかありません。よって糖質の摂取量を制限することで、肥満解消へとつながります。 ケーキなどの甘い食べ物はもとより、ご飯、パン、麺類などの炭水化物を多く含む食べ物は、極力控えるようにしましょう。代わって肉や魚などのタンパク質を多く含む食材、また野菜を多めに摂取します。 ただし、肥満から腎臓病の疑いが生じた段階では、逆にタンパク質の摂取量を制限しなければならないなど、食事管理は少々複雑です。専門家の指導の下で食事制限をすることをおすすめします。

有酸素運動

ウォーキングやサイクリングなど、通常の呼吸を維持しながらできる運動のことを、有酸素運動と言います。有酸素運動を20分以上継続すると、体内の脂肪は徐々に燃焼。食事制限に加えて、有酸素運動を定期的に行なうことにより、肥満は少しずつ解消へと向かいます。

肥満外来

肥満が原因で、すでに心臓病を発症したことのある人は、危機感も強いことから、食事制限や有酸素運動のモチベーションも上がります。しかしながら、肥満と診断されたものの、いまだ心臓病を発症していない人については、自己管理で食事制限や有酸素運動を行なうことは、現実的に難しいかも知れません。そのような人は、早めに医療機関の肥満外来を受診しましょう。 科学的なプログラムに基づいて、健康を維持しつつ肥満を解消することができます。

参考文献

一般財団法人日本肥満症予防協会「4. 肥満と心筋梗塞、狭心症(冠動脈疾患)」

肥満外来を東京で受けるなら

肥満外来に通うおうかと迷っている方には様々理由があります。あなたに合った治療法はもしかしたら薬物療法ではなく運動療法かもしれません。食事療法ではなく薬物療法かもしれません。

東京には様々なクリニックがあり、そのクリニックによって得意としていることが異なります。

クリニック数が多い東京ならではの悩みですが、選択肢が多すぎてわからないですよね。

いずれにせよ、しっかり続けられる事。太らない習慣に変えること。この2点が大切です。当サイトで本当に悩みがある人に向けておすすめのクリニックを複数紹介していますので肥満外来クリニック選びの参考にしてください。

肥満外来を東京で受けるなら!
悩みを解決するおすすめ肥満外来クリニック

東京版!管理人が徹底調査!肥満外来のあるクリニックBEST5 糖尿予備軍が行ってきました 肥満外来クリニックの治療体験レポート
東京版!管理人が徹底調査!肥満外来のあるクリニックBEST5 実録!肥満外来クリニックの治療体験レポ