本気で痩せたい人のための肥満外来ナビ

クリニックの肥満外来を徹底調査してみました

下痢

肥満の人は下痢になりやすいと言われています。暴飲暴食は下痢を招く大きな要因となるため、傾向としては、確かに肥満の人に下痢が頻発することも類推されます。以下、肥満と下痢の関係について詳しく解説します。

肥満による下痢とは

下痢の症状の特徴、および肥満から下痢に至るメカニズムを見ていきましょう。

症状の特徴

下痢とは、水に近い柔らかい便(水様便と言います)が高い頻度で生じている状態のこと。原因は多岐に渡りますが、一般には暴飲暴食、アルコールの過剰摂取、刺激物(唐辛子など)の過剰摂取、冷えによる消化機能低下、細菌・ウイルス感染(食中毒、風邪など)、ストレスなどです。 症状が悪化すると、「トイレから出ることができない」と評されるほどの状態になることも。脱水症状や肛門の炎症など、合併症を伴うこともあります。

肥満から下痢に至る原因・メカニズム

いかに体にとって有益な成分であろうとも、それが過剰に摂取された場合、腸にはその成分の吸収スピードを調整する機能がある、と言われています。簡単な言葉で言い換えれば、余分に食べたものの一部は腸の働きによって強制的に排泄される、ということです。 肥満の人は、一度に過剰な食事を摂る傾向があります。よって、体の正常な働きの一環として、食べ過ぎた食事の一部は「下痢」という形で体外へと排出されていく、とされています。

なお、この機能は肥満ではない人にも、もちろんあります。暴飲暴食をした翌日に下痢になった、という経験を持つ人は少なくないでしょう。ただし肥満の人は、そうでない人に比べて、暴飲暴食の頻度が高い傾向があるため、必然的に下痢を起こす頻度も高くなる傾向があります。

肥満による下痢を予防するには

肥満が下痢を招くというよりも、過食が下痢を招くということ。よって肥満傾向にある人が陥りがちな暴飲暴食を見直すことが、下痢の予防のためには何より大事です。

過食の習慣を見直す

肥満の人ではなくとも、食べ過ぎは下痢を招く代表的な要因。食事の都度、腹八分目に抑えるよう意識してください。食事の際、先に野菜をたくさん食べると、過食に至る前に満腹感を感じることがあります。

空腹感を紛らわす

空腹感に耐えられそうにない人は、空腹感をまぎらわす工夫をしてみましょう。 たとえばウォーキングなどの軽度の運動をしている時、通常は空腹感を感じなくなります。脂肪燃焼にもつながるため、一石二鳥でしょう。

また、歯磨きをすることで空腹感を紛らわすことができる、という人も少なくありません。お腹が空いたときには、ぜひ実践してみてください。

肥満外来を受診する

自分の意志だけで暴飲暴食を止められない人は、医療機関を利用することも一つの方法です。いわゆる肥満外来を受診すれば、否が応でも食事指導が入るでしょう。他人の監視の下であれば、暴飲暴食の抑制に成功する可能性が高まるはずです。

肥満外来を東京で受けるなら

肥満外来に通うおうかと迷っている方には様々理由があります。あなたに合った治療法はもしかしたら薬物療法ではなく運動療法かもしれません。食事療法ではなく薬物療法かもしれません。

東京には様々なクリニックがあり、そのクリニックによって得意としていることが異なります。

クリニック数が多い東京ならではの悩みですが、選択肢が多すぎてわからないですよね。

いずれにせよ、しっかり続けられる事。太らない習慣に変えること。この2点が大切です。当サイトで本当に悩みがある人に向けておすすめのクリニックを複数紹介していますので肥満外来クリニック選びの参考にしてください。

肥満外来を東京で受けるなら!
悩みを解決するおすすめ肥満外来クリニック

東京版!管理人が徹底調査!肥満外来のあるクリニックBEST5 糖尿予備軍が行ってきました 肥満外来クリニックの治療体験レポート
東京版!管理人が徹底調査!肥満外来のあるクリニックBEST5 実録!肥満外来クリニックの治療体験レポ