肥満外来のメリットとデメリット

本気で痩せたい人のための肥満外来ナビ

クリニックの肥満外来を徹底調査してみました

肥満外来TOP » 病院で行なうダイエットの知識 » 肥満外来のメリットとデメリット

肥満外来のメリットとデメリット

肥満を改善するために通う肥満外来のメリットやデメリットについて解説しています。

肥満外来の肥満治療方法

自己流でダイエットしてリバウンドしたり体調が悪くなったり、ダイエットを成功させるのはなかなか難しいですよね。医師の管理の下でダイエットを行なえる肥満外来なら健康にダイエットすることができます。

肥満外来での基本的な治療方法には、医師や栄養士が個人的に食事指導を行なって計画的に減量していく「食事療法」、運動医学専門家のもとで筋力運動、有酸素運動、柔軟運動を組み合わせて行なう「運動療法」、食欲抑制剤などの薬を使う「薬物療法」、重度の肥満症の場合に行なわれる「外科治療」があります。

肥満外来のメリット

安全で確実にダイエットを行なうことができる肥満外来には以下のようなメリットがあります。

ほとんどの肥満はカロリーの摂りすぎや運動不足が原因ですが、他の病気やホルモンの異常が原因のこともあるので、病気が原因で肥満になっていないかどうかダイエット計画を立てる前に検査します。

市販のダイエット薬は成分が有効かどうか購入者が判断する必要があり、安全性についても不安なことがあります。肥満外来では、患者さんの症状や体調に合わせた脂肪燃焼剤や食欲抑制剤を処方してもらえるので安心です。

ダイエット期間中、食事内容や運動について運動療法士や管理栄養士からのアドバイスが受けられます。ダイエットだけでなくメンタル面についても専門家がフォローアップしてくれるので、くじけずに続けることができます。

肥満外来ではゆっくりと減量していくので生活習慣や体質が改善され、リバウンドしにくい生活習慣が身につき体も健康になります。

肥満外来のデメリット

肥満外来にはメリットだけではなくデメリットもあります。

肥満外来によるダイエットは医療機関で行なうために治療費が必要です。BMI35以上の高度肥満症や高血圧・糖尿病・腰痛など肥満によって健康に影響が出ていると診断されれば保険診療の対象となりますが、軽度の肥満の場合は保険外診療となります。

肥満外来は定期的なカウンセリングや栄養指導や運動指導、ダイエット計画の見直しなどが必要なので通院の手間がかかります。近くに肥満外来のある病院がない場合は遠方まで通わなくてはなりませんが、遠くても評判が良く実績の豊富な病院を選ぶことをおすすめします。

肥満外来はどんな人におすすめなのか

肥満外来はこれまでリバウンドを繰り返してきた人や、 ダイエットが続かなかった人などにおすすめです。タイプごとの理由を以下にまとめました。

リバウンドを繰り返す人

リバウンドを繰り返す理由の1つが、日頃の生活習慣です。どんなにダイエット期間中に断食や運動などをしても、日頃の生活習慣が乱れていては、ダイエットが終わったとたんに体重が戻ってしまいます。ダイエットで重要なのは、根本的な原因を解消すること。肥満外来では医師の指導のもと徐々に生活習慣の改善が行なわれるので、リバウンドしにくい体が出来上がるでしょう。

ダイエットが続かない人

ダイエットが続かない人の多くは、肥満の原因がわからなかったり、結果が出なかったりするケースがほとんどです。 肥満外来では肥満の原因が病気の可能性も視野に入れて検査や診断などを行ない、原因を特定したうえで肥満治療を実施します。またダイエット期間中のサポートを専門家が行なってくれるので、確実に減量することができ、モチベーションの維持にも繋がるでしょう。

病気による肥満症の人

肥満には病気が原因のものがあります。代表的なものとしては、甲状腺機能低下症などの内分泌系疾患によるものです。また遺伝性の疾患(プラダー・ウィリー症候群など)でも肥満になります。さらに治療中の薬剤としてステロイド剤や精神病薬などを使用している際は、副作用として肥満が引き起こされることも。このケースに関しては医師の判断を仰がなければ対処ができないので、必ず肥満外来や担当医師に相談してください。

BMIによる肥満度の判定基準について

BMIとは、肥満度を表す指標として国際的に利用されており、体重kg÷(身長m×身長m)で求めることができます。たとえば体重80kgで身長170cmの場合は、80÷(1.7×1.7)となり、27.68という数値に。 この答えの数値によって肥満を判断しますが、基準は国によって異なります。WHO(世界保健機構)は、30以上が肥満と設定。しかし、日本肥満学会が定めた基準では18.5未満が「低体重」、18.5~25未満が「普通体重」、25以上が「肥満」とされています。そのため、先ほどの27.68は国際基準だと肥満ではないが、国内基準では肥満になるのです。国内基準はBMIが22のときを標準体重としており、最も病気になりにくい状態とされています。そのため、国際基準よりも厳しい数字になっているのです。なお内臓脂肪の量はBMI数値と相関関係がないので、メタボリックシンドロームの判断はできないので注意してください。

肥満外来で健康保険が適用されるケース

肥満外来は医療機関による治療のため、治療費がかかります。通常は自由診療となるのですが、肥満が原因で健康に影響が出ていたリ、病気が原因で肥満になっている場合は健康保険の適用内です。健康保険が適用になる病気について、詳しく解説していきます。

高度肥満症

高度肥満症とは、BMI指数が35以上の人を指します。 ただしBMI35以上であっても、関連する障害が発生していなければ、治療の心配はいりません。 高度肥満症で治療が必要な人は、睡眠時無呼吸症候群や腎機能障害、運動器障害、精神障害などが発生している場合に限られます。

高血圧

肥満になると過剰分泌されたインスリンの影響で、腎尿細管でのナトリウムの再吸収が促進されます。その結果、血液中のナトリウム量が増加し、濃度を薄めようと水分も増加。結果的に、血管にかかる圧力が高くなるのです。ほかにも肥満になると、高脂血症や筋肉量の低下などの理由で、高血圧を招きます。高血圧はほかの病気を引き起こす原因にもなるので、保険適用内となるのです。

糖尿病

肥満になると過剰分泌されたインスリンの影響で、腎尿細管でのナトリウムの再吸収が促進されます。その結果、血液中のナトリウム量が増加し、濃度を薄めようと水分も増加。結果的に、血管にかかる圧力が高くなるのです。ほかにも肥満になると、高脂血症や筋肉量の低下などの理由で、高血圧を招きます。高血圧はほかの病気を引き起こす原因にもなるので、保険適用内となるのです。

腰痛

肥満になると体重増加や姿勢の変化に伴って、腰への負担が増えます。腰にはさまざまな神経があり、放っておくと神経障害など重大な疾患を招くおそれも。腰痛の早期改善が望まれるので、腰痛を伴う肥満患者には保険診療が可能です。

病気が原因の肥満

肥満の原因がほかの病気にある場合は、保険診療が可能です。 通常は原因となる病気の治療が優先となり、肥満対策を同時に行うケースがほとんど。原因が病気にある場合は、自己流でダイエットを行なうと悪化することもあるので、必ず医師の指導のもとダイエットを行なってください。

参考文献

BMI e-ヘルスネット

肥満と高血圧 一般社団法人日本肥満症予防協会

糖尿病 厚生労働省

肥満外来を東京で受けるなら

肥満外来に通うおうかと迷っている方には様々理由があります。あなたに合った治療法はもしかしたら薬物療法ではなく運動療法かもしれません。食事療法ではなく薬物療法かもしれません。

東京には様々なクリニックがあり、そのクリニックによって得意としていることが異なります。

クリニック数が多い東京ならではの悩みですが、選択肢が多すぎてわからないですよね。

いずれにせよ、しっかり続けられる事。太らない習慣に変えること。この2点が大切です。当サイトで本当に悩みがある人に向けておすすめのクリニックを複数紹介していますので肥満外来クリニック選びの参考にしてください。

肥満外来を東京で受けるなら!
悩みを解決するおすすめ肥満外来クリニック

東京版!管理人が徹底調査!肥満外来のあるクリニックBEST5 糖尿予備軍が行ってきました 肥満外来クリニックの治療体験レポート
東京版!管理人が徹底調査!肥満外来のあるクリニックBEST5 実録!肥満外来クリニックの治療体験レポ